Top >  脂性肌の対策と治療 >  皮膚科について

スポンサードリンク

皮膚科について

病院選びの難しさ


重度のニキビや脂漏性皮膚炎などで皮膚に炎症を起こしている場合などは、皮膚科を受診して適切な治療を受ける必要があります。


皮膚疾患は慢性化することが多く、原因も複雑に絡み合っている場合が多いので、自分の症状に合った治療をしてくれる信頼できる病院を探すことが大切です。


しかしながら、一口に「信頼できる」といってもその医師が良いか悪いかという判断をすることは一般の人には簡単にはできません。


医師の中には勉強不足で、最新の治療もよく知らず、症状も正しく理解していないという人も少なくありませんが、一度の受診で受けた治療によって改善しなかったからといって悪い先生だと決めてしまうのも間違いです。


一度の受診で原因を特定できない病気の方が世の中には多く、治療法も多様化しているので、まずは先生とよく話し合って、自分に合った治療法を探していきましょう。


患者自身も、自分の体や薬についての知識を深めることが大切です。


出された薬がどういう治療効果があり、どのような副作用があるのか、どのくらいの期間で改善していくものなのか、などをよく聞き、不安や疑問に思っている点はきちんと質問しましょう。その上で、どうしても納得がいかない場合は他の病院を回ってみても良いでしょう。


皮膚科選びについて


皮膚科を受診する際には、できるだけ皮膚科専門のところが良いでしょう。


「内科・皮膚科」などと併記してある場合は、内科医が片手間に皮膚科も診ていることが少なくありません。
ちょっとした症状であればそのような病院でも良いですが、慢性化しやすく、原因が複雑でなかなか診断がつかないような症状では、やはり皮膚科単科のところを選ぶのが良いでしょう。


皮膚科の中でも自分に合った病院を探していきましょう。
皮膚科単科でも、特定の症状に不勉強な先生もいるのです。


抗アレルギー剤ひとつにしても、さまざまな種類のものがありますので、患者さん自身も知識を深めてどんどん質問し、納得の行く説明をしてくれる先生を見つけましょう。


また、ニキビを例にとると、「大人のニキビ」についてよく理解をしていない先生が少なくありません。そうした先生は、思春期のニキビと同じ治療をするだけだったり、患者さんの話を聞くこともなくすぐにストレスや生活の不規則を原因として特定したりするなど、知識の偏りがあるケースがあります。


ニキビ専門外来というのもありますので、そうした皮膚科を受診すると良いですが、それでも先生によって治療法、ニキビへの考え方がさまざまです。角質をとることに重点を置く先生もいれば、ホルモン療法をおこなう先生もいます。


どれが正しいかということではなく、ある人には大変効果があったものが自分には効果がないということがよくあります。皮膚は、病院での治療よりも自分の毎日のケアが重要ですので、知識を深めてご自分に合った対策方法・治療方法を探していきましょう。


スポンサードリンク

脂性肌の対策と治療

脂性肌への対策・治療法で「これをすれば必ずすぐに脂性が解消する!」というような絶対のものはありません。知識を深めてご自分に合った対策方法・治療方法を探していきましょう。

関連エントリー

皮膚科について 美容皮膚科の選び方 漢方で脂性体質を改善