Top >  脂性肌の改善に良い成分 >  ヒアルロン酸

スポンサードリンク

ヒアルロン酸

セラミドに比べてヒアルロン酸の方が安価ですので、セラミドの代替として使うのも良いでしょう。
ヒアルロン酸は、体のほとんどの場所に存在している成分で、肌には真皮層という場所に多く存在しています。

ヒアルロン酸は、保湿機能が高いことで、コラーゲンと並び多くの化粧品やサプリメント、さらにはヒアルロン酸注射などで、肌の潤いを保ちアンチエイジングの切り札として様々なかたちで利用されています。
他の部位より肌のヒアルロン酸濃度は高く、コラーゲンとの働きによって、みずみずしい肌を維持する事が出来ると言われています。

ヒアルロン酸は、コラーゲンの変わりに使用している美容外科もありますように、ヒアルロン酸とコラーゲンとは、非常に似た性質を持っています。
では、ヒアルロン酸とコラーゲンの違いとは何でしょうか。

コラーゲンは、ヒアルロン酸同様、体内で生成される成分のため、年齢を重ねることによって生成能力が低下し、体内コラーゲン・ヒアルロン酸量は減少する傾向にあります。
双方とも保湿効果に富んだ成分で、みずみずしい肌を維持するためには必要な成分です。

しかし、ヒアルロン酸は、ムコ多糖類に属し、コラーゲンはたんぱく質の一種で、実は全く違う成分なのです。
また、コラーゲンが不足すると、ヒアルロン酸を体内に取り込んでも、ヒアルロン酸を有効に働かせることができないため、肌のケアをするのであれば、ヒアルロン酸とコラーゲンの摂取が大切となるようです。

スポンサードリンク

脂性肌の改善に良い成分

脂性肌の改善に効果的な成分を説明します

関連エントリー

ヒアルロン酸 ビタミンC誘導体 セラミド アスタキサンチン レチノール