Top >  脂性肌の改善に良い成分 >  ビタミンC誘導体

スポンサードリンク

ビタミンC誘導体

ビタミンCは皮膚の皮脂分泌を抑えたり、シミに効果があるといわれています。しかし、口にいれたもののほんの一部しか皮膚には届かないのでなかなか効果はあらわれません。


そこで、ビタミンCを直接肌に吸収させる方法として、イオン導入が行われるようになりました。ビタミンCを電気の力で皮膚に浸透させるもので、医療の現場でも効果は確認されています。


皮脂分泌を抑える、シミが薄くなる、ニキビが改善する、毛穴が目立たなくなるといった効果があるようです。


ビタミンC誘導体を含むローションなどを電極につけ、弱い電流を流しながら皮膚に当てて浸透させていくもので、痛みもなく抵抗無く受けられる治療です。最近では家庭用のイオン導入器もあります。


イオン導入をしなくても、コットンを2つに裂いて薄くしたものや、市販で売られているパック専用のシートにローションを染み込ませ、顔に貼り付けて15分ほど置くだけでもビタミンC誘導体はある程度浸透しますので気軽に家庭でできるといった点で有利ですので、試してみるのはいかがでしょう。


ビタミンC誘導体のローションは市販もされていますし、病院でドクターズコスメとしても売られています。粉状のビタミンC誘導体もありますので精製水やグリセリンなどと混ぜて自分で作る方法もあります。


濃度は3%〜7%くらいが適切と思われ、濃すぎると皮膚への刺激が強すぎますのでご自分の肌質に合わせて、指示書をよく読み、保存法方や濃度に気をつけて利用しましょう。

スポンサードリンク

脂性肌の改善に良い成分

脂性肌の改善に効果的な成分を説明します

関連エントリー

ヒアルロン酸 ビタミンC誘導体 セラミド アスタキサンチン レチノール