Top >  脂性肌の改善に良い成分 >  アスタキサンチン

スポンサードリンク

アスタキサンチン

アスタキサンチンとは


アスタキサンチンはサケやいくらに含まれる赤い色素成分でβ(ベータ)カロチンなどと同じカロチノイドのひとつ、キサントフィル類に分類されています。


アスタキサンチンは、病気や老化の原因になる活性酸素を消す力、つまり抗酸化力が非常に強く、海の生き物が持つ最強の抗酸化成分といわれ、その抗酸化力はβ-カロチンの10倍、ビタミンEの500〜1000倍とも言われています。


アスタキサンチンには血行促進効果があり、眼精疲労改善や筋肉疲労の抑制、白内障の予防や改善、動脈硬化の予防、心臓病予防、免疫力強化、抗がん作用、ストレス抑制など、多くの効能が期待されています。


なかでもアスタキサンチンの肌の老化予防、肌の紫外線ダメージの予防はシミやしわを改善する美肌・美白効果として美容界で注目されています。


アスタキサンチンが含まれる食材


アスタキサンチンは食材からもとれます。1番多いのがサケですが、種類によってアスタキサンチンの量が違います。ダントツに多いのがベニザケで、1切れ(80g)にアスタキサンチン約3mg含みます。よく見かけるシロザケは3切れでアスタキサンチン1mg程度です。

スポンサードリンク

脂性肌の改善に良い成分

脂性肌の改善に効果的な成分を説明します

関連エントリー

ヒアルロン酸 ビタミンC誘導体 セラミド アスタキサンチン レチノール