Top >  脂性肌の改善に良い成分 >  レチノール

スポンサードリンク

レチノール

老化予防に効果のあるといわれる成分で代表的なものがビタミンAの一種である「レチノール」です。ビタミンAには抗酸化作用があり、皮膚の角化作用を正常にし、粘膜を保護する役割をもっています。また、肌に塗った場合は、コラーゲンを増やす作用があるといわれています。


肌表面にコラーゲンを塗っても真皮のコラーゲンが増えることはないものの、レチノールを塗るとコラーゲンが増え、しわ改善効果があるともいわれています。


実際に「効果がある」といわれるものは、レチノールそのものではなく、レチノールの誘導体である「トレチノイン」という成分です。ただし、トレチノインは刺激が強く、ハレや皮膚の剥がれといった症状がでることもあるので医師の処方の上で使います。


レチノールはトレチノインに比べて、優しいアプローチで、化粧品にも使われています。劇的な効果は望めませんが、使い続けることで、肌に負担をかけず、無理なく肌の若返りと肌質改善が期待できます。


しかし、レチノールでも肌がかさつくことがあるので肌が弱い人には注意が必要です。


スポンサードリンク

脂性肌の改善に良い成分

脂性肌の改善に効果的な成分を説明します

関連エントリー

ヒアルロン酸 ビタミンC誘導体 セラミド アスタキサンチン レチノール