Top >  脂性肌の改善のために >  脂性改善のための食事

スポンサードリンク

脂性改善のための食事

健康な肌を保つためにバランスよく食べましょう


バランスのいい食事、規則正しい生活を送ることが皮脂分泌を正常にする近道です。


「肌に良い食品」というものが世にあふれ、情報も氾濫していますが、やはり大切なのはバランスです。肌に良いと聞いて、特定の食品ばかりを食べるのは間違いで、食べ物はどんなものでも、良い部分と悪い部分があります。


肌にはビタミンCが良いといっても、果物ばかりを食べていては糖分の取りすぎになりますし、抗酸化作用があるからといってポリフェノールを含む赤ワインやカカオを大量に取ったり、肌の美白に効くというアスタキサンチンを含むイクラやタラコばかりを食べるのもよくありません。


いろいろなものをバランスよく少しずつ取ることが大切です。


その上で脂性肌の人がとくに心がけることは以下の点です。


脂性を改善するためには脂肪、オイル、ラード、マーガリン、バターやそれらを含む食品や、精白した砂糖を多くむ食品は控えめにしましょう。
またアルコールや、香辛料などの刺激物の多量摂取も控えましょう。


健康な肌は、腎臓と腸と肝臓の正常な働きにかかっています。肝臓は老廃物の排出を助ける物質を作るだけでなく、加工食品、飲み物、アルコール、薬、細菌やウィルスによって体内で生み出された毒素のろ過も行っています。


脂肪や糖質やアルコールをとり過ぎますと、肝臓に負担になり、肝臓などの代謝機能が低下すれば脂性肌が悪化する可能性があります。


それから、脂性肌の人には、ビタミンBが重要です。


ビタミンB群の中でもB2とB6がとくに重要です。ビタミンB2はたんぱく質の働きに関係していて、肌を丈夫に保つ効果が、ビタミンB6は健康な肌を維持すると同時に免疫力を高める効果もあります。


どちらも皮脂腺の働きを正常に促す作用があります。


ビタミンB2はうなぎや海藻、卵やヨーグルト、レバーなどの内臓に多く含まれています。またビタミンB6は、小麦胚芽やレバーなどの内臓、大豆、マグロやサバなどの魚に豊富です。


かぼちゃやほうれん草などの緑黄色野菜を加熱調理して摂取するのもおすすめです。


十分な栄養を食事から摂れている自信がないなら、サプリメントも役に立ちます。他にも肌に良い栄養素と言えば、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛(ビタミンCの吸収を助ける)などがあります。


しかしながら、ビタミン剤は天然のビタミンに比べると吸収が悪いので、できるかぎり食べ物で取るように心がけましょう。


抗酸化力で肌の老化を防ぐ


活性酸素を除去する力を抗酸化力といいます。脂性肌の場合、長時間肌に残っている余分な皮脂が酸化して肌の老化を早めてしまいます。コマメな洗顔とともに、食べ物によって抗酸化力をつけて肌の老化を防ぎましょう。


抗酸化力を高めるためには、抗酸化力のある食べ物をとることです。りんごや赤ワインのポリフェノール、茶のカテキン、紅鮭やイクラのアスタキサンチンなどの抗酸化物質や、ビタミンA、C、Eの3つのビタミンがとくに有効です。


バランスの良い食事とともに、こうした成分を効果的に摂取して肌の健康を保ちましょう。


タバコ、農薬、食品添加物は体内で分解される際に活性酸素が生じるのでこれらを避けることも重要です。


スポンサードリンク

脂性肌の改善のために

脂性肌を改善するには生活習慣や食生活を見直すことが大切です。

関連エントリー

脂性を改善する生活 脂性改善のための食事