Top >  脂性肌のスキンケア >  脂性肌に適した化粧品・化粧水

スポンサードリンク

脂性肌に適した化粧品・化粧水

スキンケア用品の選び方


化粧品を選ぶときは肌に負担となるものが添加されていないものを選びましょう。


脂性肌だからといってスクラブ入りの洗顔フォームでゴシゴシと顔を洗ったり、ひきしめ効果があるからと刺激の強い化粧水を使ったりしては逆効果です。


油分が多い乳液やクリームは、合成界面活性剤の使われている物が多いので避けましょう。界面活性剤とは、水と油を混ぜるための触媒となるもので、乳液やクリームなど乳状になっている製品には、界面活性剤が入っており、あの滑らかな触感を作っています。


化学的な工程を経て出来た合成界面活性剤は一部が肌に残ってしまい、皮脂を分解し続けます。その結果、皮膚は乾燥を防ぐために皮脂を分泌し続けようとします。そのため、ますます乾燥肌が進行し肌のバリア機能も弱まり、皮脂の分泌がより活発化してしまうのです。


クレンジングフォームやクレンジングオイルには特に合成界面活性剤が大量に入っているものも多いので、純石鹸成分や天然界面活性剤により乳化されている製品を選びましょう。


洗顔料に関しても、自分に合った脱脂力の洗顔料を選びましょう。脂性肌とはいえ、脱脂力の強い洗顔料で洗うと、皮脂をとりすぎてしまいます。かなり脂っぽい人は、肌状態をよく観察しながら、殺菌効果のある薬用石けんを使ってみるのもいいと思います。
洗顔に関しては脂性肌対策の洗顔方法


洗顔後は、保湿をしっかり行い、モイスチャーバランスを整えましょう。オイリー肌にあわせ部分的に美容液などで水分を補うようにしましょう。
保湿剤としてはクリームや乳液ではなく、できればセラミド・NMF(天然保湿因子)成分配合の美容液(保湿剤)をつけるようにします。
セラミドとは


日焼け予防には、紫外線吸収剤使用のものではなく、紫外線散乱剤を使用しているUV化粧品(日焼け止め)をつけるようにします。

スポンサードリンク

脂性肌のスキンケア

脂性肌を改善して健康な皮膚を保つために、まずは皮膚のしくみを理解して正しいスキンケアをしましょう。

関連エントリー

日焼け後のスキンケア 皮膚のしくみと役割 脂性肌に適した化粧品・化粧水 脂性肌対策の洗顔方法 脂性肌改善の入浴 シャンプーで頭皮のケア