Top >  脂性と関連する症状 >  脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

スポンサードリンク

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)

脂性肌と脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)


鼻の両側や小鼻の周りが赤くなったり皮がめくれたりする脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)になる人も脂性肌に多くみられます。


脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の詳しい原因は分っていないものの、皮脂が酸化して過酸化脂質に変わったり、そこに雑菌が繁殖することなどが関係しているといわれています。


また、マラセチアというカビの一種が脂漏性皮膚炎に関係しているともいわれています。


皮脂腺から出た皮脂は、カビ(真菌)によって脂肪酸に分解され、その過程で皮膚に炎症が起こることがあります。


このカビは皮膚に普通に存在していますが、様々な要因と合わさり、このカビが異常に増えることが知られ、これを減らせば症状が改善することがあります。


脂漏性皮膚炎は慢性化しやすく、一度かかってしまうと断続的に何年も治療する場合が多いです。症状が出たら薬を使います。


脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は頭皮にもできることがあり、フケが出たりかゆみが生じます。


フケ症の多くはこの脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)です。頭皮の脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)が悪化すると一時的に髪が抜けることもあります。
 ⇒詳しくは脂性とフケ症・抜け毛記事へ


脂漏性皮膚炎の要因


脂漏性皮膚炎は、日常生活の中にも症状を悪化させる要因が多くあります。


皮脂が入浴や洗顔、洗髪の不足によって十分取り除かれなかったり、睡眠不足や栄養のかたより、ホルモンバランスの乱れやストレスも要因となります。


睡眠や休養を十分取り、食生活でもバランスを考え、刺激物(辛いもの)と脂っこいものを控え、豚肉やホウレンソウなどビタミンB郡を多く取りましょう。

顔の脂漏性皮膚炎の対策


敏感肌用のせっけんなどを使い、油分の少ない保湿剤を使うようにします。


脂漏性皮膚炎を起こすと、皮がめくれてくるために乾燥していると勘違いして油分をたくさんつけてしまう人がいますが、これは間違いです。


脂漏性皮膚炎は鼻の周りなど、皮脂の多い部分にできるのに対し、乾燥性の皮膚炎は口元を中心にできるものです。


保湿は、セラミドやヒアルロン酸配合の美容液などで水分を中心に与えるようにします。皮がめくれても無理に取り除かずにそっとしておきましょう。

スポンサードリンク

脂性と関連する症状

脂性が関係している症状についてまとめています。過剰に分泌された皮脂は、顔や背中のニキビや頭皮のフケ症などといったさまざまな症状の原因のひとつになっています。

関連エントリー

ニキビと脂性肌 脂性による赤ら顔 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん) 脂性とフケ症・抜け毛