Top >  脂性と関連する症状 >  脂性による赤ら顔

スポンサードリンク

脂性による赤ら顔

赤ら顔(酒さ)の原因


脂性の赤ら顔(酒さ)は皮脂が肌に反応して炎症を起こし赤くなります。鼻から頬にかけて油分が多く赤くなるのが特徴です。


赤ら顔(酒さ)は一般的には、末梢血管の循環うっ血、つまり血液の停滞が主な原因です。温度が上がった時や、興奮した時、緊張した時などに頬の赤さが強調されます。


また、敏感肌によるものもあり、外部からの刺激が正常な肌と比べて真皮に強く伝わってしまい、毛細血管が過敏に反応し、拡張するために赤くなります。
敏感肌の場合はにきびや皮膚炎を起こすと治りにくく、その炎症や刺激で赤ら顔になります。


赤ら顔(酒さ)は、毛細血管拡張症とも言われ、心臓疾患や膠原病、更年期障害が原因になっていることも多いのですが、神経症から来ている場合もあり、その場合は、赤面症とも言われます。


赤ら顔(酒さ)の原因によって治療法は異なり、レーザー治療や経口薬、塗り薬、漢方などがありますが、神経症からくる赤ら顔(酒さ)の場合は、レーザー治療や、スキンケアでは、なかなか改善してこないというように、まずは赤ら顔(酒さ)の原因が、どこから来ているかを見極めをしていくことが大切になってきます。


脂性の赤ら顔(酒さ)の治療と対策


脂性が原因の赤ら顔(酒さ)は、やはり脂性の改善をすることが重要です。自分の肌質に合ったスキンケアや食生活・生活習慣の改善に努めましょう。


脂性の場合はニキビなどの炎症が起き、それによって皮膚が傷ついて赤みが生じていることが多く、刺激の強い塗布剤やレーザー照射では悪化してしまう可能性があります。治療の際はよく医師に相談しましょう。


皮膚内の毛細血管を広げる働きのある食品を避けなくてはなりません。具体的には、香辛料の効いた食品、アルコール飲料、コーヒーなどのカフェイン入り飲料などです。


スポンサードリンク

脂性と関連する症状

脂性が関係している症状についてまとめています。過剰に分泌された皮脂は、顔や背中のニキビや頭皮のフケ症などといったさまざまな症状の原因のひとつになっています。

関連エントリー

ニキビと脂性肌 脂性による赤ら顔 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん) 脂性とフケ症・抜け毛