Top >  脂性と関連する症状 >  ニキビと脂性肌

スポンサードリンク

ニキビと脂性肌

脂性によるニキビ


余分な皮脂が毛穴を詰まらせてニキビができやすくなります。


思春期にできるニキビの多くは、過剰な皮脂が分泌されるためにアクネ菌が活発になって発症するというのが一般的です。


思春期のニキビの場合は1日に3回洗顔し、洗顔後はなにもつけないようにします。油性の化粧品をつけるとニキビが悪化しますので気をつけましょう。


20代・30代に多く見られる「大人のニキビ」は皮脂が多すぎることだけが原因ではなく、さまざまな要因が複雑にからみあって発症するのが特徴です。


要因には大きく分けて外的要因と内的要因があります。


外的要因には、紫外線や空気の乾燥、大気汚染、肌に合わない化粧品やファンデーション、髪や手が触れる物理的刺激、タオルや化粧パフの雑菌などがあります。


内的要因には加齢による新陳代謝の衰えやストレス、生理前などのホルモンバランス、睡眠不足などが挙げられます。


そうした要因が絡み合って、皮脂分泌が過剰になる場合もあれば、皮脂分泌の量は正常でも角質層が乾燥して固くなったことで毛穴に皮脂が充満してしまう場合もあります。


正しい洗顔やスキンケア、食生活で皮脂対策をするとともに、他の要因に対しても対策をとる必要があります。
  ⇒脂性肌のスキンケアカテゴリーへ


最近では10代であっても、無理なダイエットや不規則な食生活・生活習慣からホルモンバランスが乱れたために、思春期のニキビでなく、大人のニキビを発症しているケースも多いようです。


原因が複雑な大人のニキビは、ニキビの専門外来のある皮膚科を受診することをおすすめします。
大人のニキビ参考サイト
大人ニキビ 治療と対策


スポンサードリンク

脂性と関連する症状

脂性が関係している症状についてまとめています。過剰に分泌された皮脂は、顔や背中のニキビや頭皮のフケ症などといったさまざまな症状の原因のひとつになっています。

関連エントリー

ニキビと脂性肌 脂性による赤ら顔 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん) 脂性とフケ症・抜け毛