Top >  脂性肌のスキンケア >  脂性肌改善の入浴

スポンサードリンク

脂性肌改善の入浴

お風呂で脂性を解消しましょう


皮脂や、毛穴の汚れをとるのに、もっとも効果的なのが入浴です。


お水で顔を洗っても、毛穴の奥の黒ずみまでは、なかなかとれません。皮脂や汚れを取ろうと力を入れてゴシゴシとこすってしまっては、表皮を傷つけることになり逆効果です。


しかし、お風呂にゆっくりとつかって、新陳代謝を高めて毛穴を開いてあげると、汚れが皮脂とともに浮き出てくるので、それからよく泡立てたせっけんの泡で優しく洗えば、皮脂も汚れも落すことができます。


毎日お風呂は短時間で、シャワーで済ませていたり、洗い方が雑で力任せだったりすると、肌表面が傷ついて余計に油分が多く分泌され、汚れが毛穴の奥に蓄積されてしまいます。

  
さらに、アカとなって落ちるはずの角質も肌に残ってしまい、顔がくすんだり、
ニキビが出てきたりすることもあるのです。お風呂は正しく入って効果を最大限に活用しましょう。


脂性対策の入浴方法は、40度くらいのぬるめのお風呂に半身浴で浸かります。湯船に浸かっているのは15〜20分くらいで、あまり長時間は避けましょう。熱いお風呂や長時間の入浴は肌の乾燥の原因になります。赤ら顔などの症状がある場合は症状を悪化させます。


毛穴が開いてきたと感じたら、よく泡立てたせっけんで優しく洗いましょう。上がる時には無理しない程度に冷たい水をザッとかぶり開いた毛穴を締める。入浴後は保湿剤を塗りましょう。


肌質改善のための基本の洗い方


脂性の人のみならず、一般的にも日本人は洗いすぎの傾向があります。


毎日の入浴で、せっけんを使って全身をゴシゴシとこすってしまっては角質のバリアー機能を損ない、決して良いものではありません。


顔や頭皮、背中や胸の中心部は皮脂分泌の多いところなので、毎日洗ってもかまいません。足の指の間や脇の下なども汗の多いところなのでよく洗いましょう。


しかし、腕や脚はあまり皮脂の出るところではないので、毎日せっけんで洗う必要はないのです。冬場にすねやわき腹などの皮膚がかゆくなるような人は洗いすぎのことが多いようです。


脂性の体質であっても全身が同じように皮脂が分泌されているわけではありませんから、体の部位によって適した洗い方をすることが大切です。

スポンサードリンク

脂性肌のスキンケア

脂性肌を改善して健康な皮膚を保つために、まずは皮膚のしくみを理解して正しいスキンケアをしましょう。

関連エントリー

日焼け後のスキンケア 皮膚のしくみと役割 脂性肌に適した化粧品・化粧水 脂性肌対策の洗顔方法 脂性肌改善の入浴 シャンプーで頭皮のケア