Top >  脂性肌について >  脂性肌とは

スポンサードリンク

脂性肌とは

脂性肌とは


脂性肌とはオイリー肌とも呼ばれ、皮脂が過剰に分泌され、ベタつき・テカリがみられる肌です。脂性肌は顔だけでなく、頭皮や背中・胸にも見られます。


皮脂の分泌量は個人差がありますが、思春期のころから分泌される男性ホルモンによって作り出され、20歳くらいから30代前半にかけてピークをむかえます。
30代後半くらいから男性ホルモンは徐々に減り始めるので、皮脂もそれにつれて減少するわけですが、これにはかなり個人差があり50代まであまり減らない人もいます。


脂性で悩む人は、一般的な人と比べて洗顔やシャンプー後、しばらくするとすぐにベタつきやテカリが気になってしまうようです。女性であれば化粧崩れをしやすく、男性も顔面のギラつきや頭皮のベタつきは気になるところですね。


また、にきびや抜け毛などさまざまな症状にも関係してくるため、脂性の改善と対策は大切です。


脂性には個人差があります


皮脂の分泌が男性ホルモンによるものだということからも、一般的には男性の方が皮脂分泌が盛んです。また、男性は元々女性より皮脂腺が発達しています。しかしながらこれにはかなりの個人差があるので男性でも皮脂があまり出ない人もいれば、女性でも脂性肌で悩む人は数多くいます。


脂性の度合いにおいて、一人ひとりの肌質により差があることは事実ですが、食生活や日々の生活習慣もおおいに関係しています。


そして、多くの場合はスキンケアの間違いが原因していることが多いのです。


脂性と関係する症状


余分な皮脂が毛穴を詰まらせてニキビができやすくなります。20代・30代に多く見られる「大人のニキビ」は皮脂が多すぎることだけが原因ではなく、さまざまな要因がからみあって発症していますが、思春期にできるニキビの多くは過剰な皮脂が原因です。


また、 過剰な皮脂分泌のため毛穴の開きが目立ってしまう場合が多いです。


赤ら顔や、鼻の両側や小鼻の周りが赤くなったり皮がめくれたりする脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)になる人も脂性肌に多くみられます。脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)の詳しい原因は分っていないものの、皮脂が酸化して過酸化脂質に変わったり、そこに雑菌が繁殖することなどが関係しているといわれています。


脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は頭皮にもできることがあり、フケが出たりかゆみが生じます。
フケ症の多くはこの脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)です。頭皮の脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)が悪化すると一時的に髪が抜けることもあります。


詳しくは脂性と関連する症状カテゴリーへ

スポンサードリンク

脂性肌について

脂性肌とはオイリー肌とも呼ばれ、皮脂が過剰に分泌され、ベタつき・テカリがみられる肌です。脂性肌は顔だけでなく、頭皮や背中・胸にも見られます。 このカテゴリーでは脂性肌とはどういう状態の肌なのか、脂性肌にはどのような原因があるのか、乾燥肌との関係、ホルモンとの関係などを説明していきます。

関連エントリー

脂性肌とは 脂性肌の原因 脂性と乾燥肌 脂性肌とホルモン