Top >  脂性肌について >  脂性肌の原因

スポンサードリンク

脂性肌の原因

脂性肌の原因


皮脂の分泌量は、一人ひとりの体質により個人差があることは事実です。


しかしながら、脂性肌は生まれ持った体質だけでなく、食生活や生活習慣などのさまざまな要因によって成り立ちます。
また、誤ったスキンケアが脂性肌を悪化させていることが多いのです。


食生活については、糖分やアルコールは体内で中性脂肪に作りかえられるため、皮脂の原料となり、分泌量を増やしてしまいます。油分の過剰な摂取も皮脂の分泌量に影響します。


生活習慣では、寝不足やストレスによる影響でホルモンバランスが変調をおこし、皮脂分泌が過剰になってしまう原因となります。


スキンケアでは洗顔で洗浄力の強いものを使ったり、ゴシゴシ洗ってお肌の刺激を与えているとますます皮脂の分泌量が増えてしまいます。
皮脂をとりすぎるとかえってそれに反応して皮脂の分泌が活発になります。


脂性になる原因は、乾燥性の脂性肌のページで説明しますが、お肌の乾燥が原因であることも多いです。


お肌の表面はべたべたしていても、じつは内側は乾燥している場合が多いのです。


乾燥によってお肌がダメージを受けて表皮が傷つくと、水分がより蒸発しやすくなり、それを防ごうとして、普通より多く皮脂がでてしまいます。


過剰な皮脂の分泌を抑制するには、適度に水分が保たれた健康な肌に戻すことがとても大切です。

スポンサードリンク

脂性肌について

脂性肌とはオイリー肌とも呼ばれ、皮脂が過剰に分泌され、ベタつき・テカリがみられる肌です。脂性肌は顔だけでなく、頭皮や背中・胸にも見られます。 このカテゴリーでは脂性肌とはどういう状態の肌なのか、脂性肌にはどのような原因があるのか、乾燥肌との関係、ホルモンとの関係などを説明していきます。

関連エントリー

脂性肌とは 脂性肌の原因 脂性と乾燥肌 脂性肌とホルモン