Top >  脂性肌について >  脂性肌とホルモン

スポンサードリンク

脂性肌とホルモン

皮脂は、思春期のころから分泌される男性ホルモンによって作り出されます。男性ホルモンの分泌には個人差があり、そのために脂性という体質の差も生まれてきます。どちらかというと脂性体質が男性に多いのはこのためで、女性の場合は誤ったスキンケアや隠れ乾燥肌(水分が足らない)が原因の脂性肌が多いようです。


男性ホルモンは30代後半くらいから徐々に減り始めるので、皮脂の分泌もそれにつれて減少するわけですが、50代になっても男性ホルモンがあまり減らないひともいます。


年齢による肌の変化はホルモンの変化によるものが大きく、肌に関しては成長ホルモンや女性ホルモンが肌の若さに関係してきます。


それなら薬などで成長ホルモンや女性ホルモンを摂取したり、男性ホルモンを少なくしたりすれば肌の若返りや脂性肌の改善ができるのでは、と思う人もいるでしょう。


ホルモンを薬で調整することは現実には不可能ではありません。しかしながら多大な副作用が伴うので実際には行われません。ホルモンは極めて微量でも私たちの体に大きな影響力を持っています。


体内ではいろいろなホルモンが複雑に絡み合って動いており、そのひとつでもいじると体のどこにどのような影響が及ぶかは医学でも解明されていないことが多いのです。ホルモンの増減は発ガンのリスクにつながることもあるのです。


脂性肌やニキビに悩む人は男性ホルモンを下げたいと思うかもしれませんが、そうした理由でいじることはできません。


私たちはホルモンを人工的にいじろうとするのではなく、規則正しい睡眠をとったり、食生活に気をつけてホルモンバランスを整えるように心がけていくことが大切です。


ホルモンバランスを整える対策は脂性肌の改善のためにカテゴリーへ
  
  
  


スポンサードリンク

脂性肌について

脂性肌とはオイリー肌とも呼ばれ、皮脂が過剰に分泌され、ベタつき・テカリがみられる肌です。脂性肌は顔だけでなく、頭皮や背中・胸にも見られます。 このカテゴリーでは脂性肌とはどういう状態の肌なのか、脂性肌にはどのような原因があるのか、乾燥肌との関係、ホルモンとの関係などを説明していきます。

関連エントリー

脂性肌とは 脂性肌の原因 脂性と乾燥肌 脂性肌とホルモン